*

2018年1月

ガクチカを制する者は就活を・・・

就活生は筆記試験対策、面接対策など色々と行うことがありますが、どの対策を押さえれば就活に勝てるのでしょうか?筆記試験はできないと問題がありますが、結局のところ他の就活生と差をつけるのは、やはり面接ですよね。そして、面接の中でも就活生各々の個性が出る部分が、最も差をつけやすいポイントと言えるでしょう。

 

ガクチカを制する者は就活を制する?

 

個性を出しやすいものと言えば、やはりガクチカでしょう。学生の時に力を入れていたことは、学生各々の特徴が出ています。その学生がどういったことに興味を持って、どのようにアプローチをし、どんな結果を得たか、そしてその結果に対してどのように感じているか、などは面接官は是非聞きたい内容です。そして、その内容に面接官が感銘を受けた時、内定が見えてくるのです。


結婚に大反対される可能性

このところ、結婚した男女の間で、インターネットを通じて出会った方々の割合がじわりじわりと高くなってきています。

考えてみれば、今は、ネットを使って、ショッピングを楽しんだり、調べ物をしたりすることが、普通のことになって来ているので、そのようなカップルが目立ってきても、何の不思議はありません。

しかしながら、一方で、ネットで出会えた人と結婚するんだと親に話したら、大反対される可能性も結構出て来ます。

そんなシチュエーションの中では、どのように対処するべきなのでしょうか?

違う理由を言う

ネットで出会ったと親に伝えたら雰囲気がヤバくなると思ったら、素直に理由を言わないという方法もありだと思います。

友達が紹介してくれたとか、街コンで出会ったとか、上手に親を安心させている人達は多いです。

確かに、本当のことを言わないことは正攻法ではないかもしれませんが、正直に言って、きまずくなっちゃうよりは、はるかにマシだと思います。

まずはどんな人なのかを知ってもらう

それでも、ネットで知り合ったという事実は、親にいずればれるのは時間の問題とも言えます。

さらに、事実をずっと隠すのは、良くないと思われるかもしれません。

ですから、いつ事実が分かったとしも大丈夫なよう、親に交際相手がどのような人なのか出来るだけ説明することが重要です。

収入がどれくらいで、キャラクター的にどんな人で、どこが魅力なのか、などなど。

実際、親にとって、出会いのきっかけも重要だと思いますが、それ以上に大切なことは、その人との出会いを通じてあなたが実際に幸福な未来を手に入れられるかということなんです。

そういった意味でも、まずは付き合っている人のことを理解してもらえるようがんばってみて下さい。

ネットが出会いの重要なツールに

現時点においては、結婚のきっかけが出会いというのは、日本だとまだ珍しいと言えます。

ただ、諸外国では、ネットをきっかけに結婚することが主流になりつつあります。

日本でも将来的に、インターネットの出会いから結婚に到る人達が大多数を占めるようになり、親もそういった出会いに当然のように思われる時代が現実になる日は遠くはないのではないでしょうか。

出会いを福井で求めて