*

2018年5月

毛穴のこともクレンジングのこともいろいろ考えてみる

肌質ってありますよね。色白だとか、地黒だとか、もち肌鮫肌、敏感肌。色白の人は、色白かつもち肌というイメージありませんか。モテ女子として最強ですよね。色白もち肌だったら、毛穴も目立たなかったのかなとか考えますよね。いやでももち肌じゃなく、ただ色白なだけだったら余計に毛穴が目立ったかもしれないとか、考えても仕方ないことを考えてしまいます。多分、肌がきれいだったら、クレンジングも色々汚れを落とそうとこすったりもしないし、化粧水もパシパシ手の平で叩いたりしないし、おっとり丁寧なケアをしていた気がします。


綺麗な肌の人は丁寧なケアでより綺麗になっていくという、相乗効果があるのに対して、肌があまり綺麗じゃない人はケアしたり鏡もあまり見たくないので適当になりがちで、さらに綺麗さが減少していくという現象が起こっているのではないでしょうか。部屋がきれいな人はきれいさを保とうと常に掃除したりするのに対して、掃除が必要なのに汚い部屋の人はどうせ汚れるからと掃除しないのに似ている気がします。でも一念発起して徹底的に片付けてきれいさをキープできる人もいますから、丁寧なケアを心がけて、きれいな肌への道をつくることもできると思います。